読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mountain Lion インストールディスク作成

こちらの記事"「OS X Mountain Lion」の物理コピーをDVDやUSBドライブに保存する方法」"を参考にして、作成した。この記事の2番目のDisk Utilityによる方法

 

1.Mountain Lion を AppStore からダウンロード

2.あせる気持ちを我慢して、インストーラは終了

 f:id:s_nagano:20120728204757p:plain

3.インストーラのパッケージファイルにある installESD.dmg をDisk Utilityでオープンする。
 LifeHacker の記事は、直訳なので、実際のフォルダは、以下です。

  f:id:s_nagano:20120728210004p:plain 

4.SDカードをインストールディスク用に初期化

 f:id:s_nagano:20120728210041p:plain

5.Disk Utilityの復元でイメージからインストーラにする。
 復元タブでソースを InstallESD.dmg 、復元先をSDカードのパーティションにして、復元を実施。およそ20-30分くらいかかりました。
ちなみに Lion のInstallESD.dmg を使ってしまって、Lion のインストーラになってしまって、やり直しましたけどね。 

 f:id:s_nagano:20120728205555p:plain

6.復元が完了すれば、デスクトップにインストールディスクがマウントされているはずです。 

 ところが何度か復元した最後に、Disk Utilityがエラーで終了してしまいました。

 「復元できませんでした 引数が無効です」

 でも、SDカードをマウントし直してみると、問題なくインストールディスクがデスクトップにマウントできました。

念のため、システム環境設定の起動ディスクで、SDカードのパーティションが選択できるかを確認したら、うまくできました。

 f:id:s_nagano:20120728221928p:plain

 

これで、ネットがなかったとしても、このSDカードで復旧できます。
さ、家のMacBook Proは、Mountain Lion にしてみよう。
会社のMacBook Proをどうするかは、悩みどころ....

 

それと気づいたけど、Mountain Lion Server も ¥1,700 って!!
その昔、数万円したのに...。これは、魅力的かもしれない.

 

 f:id:s_nagano:20120728211754p:plain